初めての飛行機で、有馬温泉 有馬兵衛の向陽閣へ パート1

  • 2017.12.24 Sunday
  • 23:00

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪

 

飛行機に乗ってみたいという4歳の息子。

どこか飛行機で行ってみようと思い立ったのが、有馬温泉です。

息子と2人の一泊旅行です。

思いたって探したところ、週末に向陽閣と11:05発のスカイマークに

空きがありました。

驚いたのですが、飛行機なら神戸空港まで片道1人1万円くらいでした。

新幹線より安くて、早いんですね。

有馬温泉なら、羽田空港から神戸空港に行けば、2時間30分ほどで行けます。

 

この神戸空港には思い出があります。

東日本大震災の当日、関西に出張でした。夕方、新幹線は

新大阪以東の運行がすべて中止で、しばらく復興のめどが立っていませんでした。

その時に利用したのが、翌日一番の神戸−羽田便でした。

 

当日は、10時30分くらいに羽田空港に到着。

しばらく時間があったので、飛行機を暫く見てました。

真ん中に座っているのが息子です。

 

羽田空港のパワーラウンジからの景色

初めての飛行機に、ちょっと緊張気味の息子。

飛行機の窓から外

 

この日は天気もよくて、上空から景色もよく見えました。

気圧の変化で、頭が痛くなったようです。

 

1時間ちょっとで、神戸空港に着いたのですが、さすが阪神のおひざ元。

阪神デザインの空港作業車があります。

阪神デザインの空港作業車

 

降り立った神戸空港はクリスマス一色でした。

このクリスマスツリーの展示は綺麗でしたね。

神戸空港のクリスマスツリーの画像

 

神戸空港からは、ポートライナーに乗って三宮まで行きます。

30分くらいですかね。

そこから地下鉄に乗って谷上へ。そこで電車を乗り換えて

有馬温泉に向かいます。こちらも30分ほどの時間です。

そして着いたのが、有馬温泉駅。

息子どころか、私も初めての有馬温泉です。

有馬温泉駅の画像

 

さすが、草津、下呂と並ぶ日本三名泉の一つです。

立派な温泉宿が立ち並んでいます。町も坂道が多いですが、

にぎわっています。目的の向陽閣は歩いて数分のところのようです。

河原で遊んだあと、ホテルに向かいます。

 

有馬温泉の向陽閣の外観

坂道を登って数分で見えてきました。

坂の上に立っているので、作りが複雑です。

ロビーからエスカレーターで、上に行ってからエレベーターに乗ります。

部屋は、「宿にお任せプラン」しか空いていなかったので、

心配していたのですが、古いですが清潔感のある部屋でした。

有馬温泉の向陽閣からの景色

窓からは、温泉街が見渡せます。

たぶん、そんなに景色のいい部屋じゃなかったと思うのですが、

急に思い立った旅行なので、十分です。

部屋に着くと、さっそくお風呂に向かいます。

 

さすが、有馬温泉の老舗旅館です。

大浴場の周りは、広々としています。

有馬温泉向陽閣の大浴場フロアー

奥が大浴場入り口になります。写真左端ですが、川っぽい造りになっていて

鯉が泳いでいます。その上に茶室。

 

温泉に一通り入ったあと同じ階にあるゲームコーナーへ。

ここで、うれしい発見がありました。

電車好きの息子に、コントローラー付きの電車でGOを

探したことがあったのですが、もう売っていませんでした。

1990年代に一世風靡したので、知っている方も多いと思います。

なんと、そのアーケード版が健在でした。

有馬温泉向陽閣の電車でGO

著作権表記が1997になっていたので、20年前の機械ですね。

息子が夢中になって遊んでいました。

常に総武線を選んでました(乗ったことないんですがね)。

 

御飯を17:45にしたので、暫く部屋で休憩です。

御飯を早くしたのには、理由があります。

当初の予定では三宮辺りで、神戸牛をランチに食べるつもりでした。

しかし、10年以上ぶりの神戸は、全く様変わりしていました。

町が、アジアからの観光客で溢れかえっています。
あちらこちらに「神戸牛」「Kobe−Beef」の看板があふれています。

昼時だったのもあり、そこに行列をつくる人々。

落ち着いた店で、落ち着いた感じで食べるイメージの神戸牛が、

まったく変わってしまってました。

げんなりして、昼飯を食べずに、有馬温泉まで来たのです。

 

ということで、私も息子もお腹が空いているので、早めの

食事にした次第です。

 

部屋で「有馬サイダー」を半分こしながらしばしの休憩。

ありまサイダーてっぽう水の画像

この有馬サイダーてっぽう水ですが、

日本最初のサイダーらしいです。その元のサイダーは無くなってます。

このサイダーは2002年に復活したモノらしいです。

味は「確かに温泉水で作ってある!」という鉱石っぽい味がします。

鉱石を食べたことはないので、感覚的になりますが。。。。

 

夕食から2日目の六甲山はパート2で。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

PR

JACKのご飯

ペットと旅行

??

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM