シャリ食べ残し 解決策と提案

  • 2017.07.01 Saturday
  • 01:34

JUGEMテーマ:気になったニュース

 

回転寿司での「シャリ食べ残し」ニュースがありました。

理由は簡単です。

糖質抜きダイエットをやっているのでしょう。

寿司は糖質の塊ですからね〜。

普通の寿司屋なら「つまみ」として刺身だけを注文できますが、

回転寿司ならその注文は難しいですからね。

 

「刺身を食べたいなら居酒屋へ」って意見もありますが、

ネタの種類、鮮度、味がやっぱり寿司屋とは違います。

かといって普通の寿司屋は、カウンターには幼児は座れません。

椅子の高さ的にも無理ですし、周りのお客さんへの迷惑にもなります。

なので子供連れの時は、普通の寿司屋に行けないというのもわかります。

たまたまニュースでやっていたお店は、シャリ抜き等の注文も受けている

ようでした。

 

しかし、不思議です。

「バナナダイエット」や「クルミダイエット」、「納豆ダイエット」とか

いろいろなダイエット方法が流行って消えていきましたが、

「糖質抜きダイエット」だけは市民権を得て、定着しましたね。

会社や周りでも、ちらほら「糖質抜きダイエット」をやっている人は

います。

人口的にもすごい人数が「糖質抜きダイエット」はやっていると思います。

手頃ですし。

なのに、「糖質抜き」に対応したメニューがあるところって少ないですよね。

「糖質抜きダイエット」の大多数の解釈は、白米、麺類、小麦製品を食べなければ、

それ以外は何を食べてもいいという感じだと思います。

実際、穀物類を抜けば、肉や揚げ物をいくら食べても体重は減ります。

野菜とササミ肉しか食べない!というストイックなところまでやらなくても、

効果が出ます。

まず、レストランや定食屋等のランチに通常利用される店は、

ライス抜きのおかず倍というメニューを作ってみてはいかがでしょうか?

 

あと確実にヒットすると思われるのがコンビニ弁当です。

一時、「メガ盛り」系がヒットして、どこのチェーン店でもメガ盛り系の

弁当を商品化していました。

それのライス抜き版を作ってみてはいかがでしょうか?

トンカツもハンバーグもから揚げも入って、ボリューム満点だけど

ライスが入っていない弁当です。

基本的には、ライスなしでおなか一杯になるボリュームにするのです。

多少値段を高くしても売れると思いますよ。

 

社会人にとって「糖質抜きダイエット」の一番の敵は、昼食です。

ここで、おなか一杯になる「ライス抜きボリューム弁当」があれば、

必ず選択されると思いますがね。

 

是非、コンビニチェーンのみなさま、ご検討を。

 

ライスを頼んで残す等のもったいないことは、

みなさん、やめましょうね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

PR

JACKのご飯

ペットと旅行

??

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM